合志市ニュース

合志市の話題や最新情報

Fate/stay ?士郎最後体消えたの生き返った理由他

①そのくらいだと思います。Fate HF第三章ついて質問
ちなみゲーム未プレイ、アニメZeroUBW見てき

?お花見てたの年後の話か 桜の部活シーンで3年生、後季節巡ったので20歳前く らいか

?士郎最後体消えたの生き返った理由他の人の質問見て理解たの心臓無いまょうか なる不老不死でょうか

?士郎の体消える前凛らったペンダント割れた のか意味あったのでょうか

?今回の聖杯の勝利者イリヤでいいのでょうか あ地下たどり着いたんでょうか

お答えお願いいたますm(_ _)m「映像だけ見れば凄く良い。ライダーが戦闘中に。「あなたとは違って自分は士郎に信頼されてますから士郎
は勝手に動きませんよ?」と言われ動揺したのって。もしかしたら最後まで
理解し合えなかった切嗣との事を思いだしたのかと思いました。

狂気。そして。そこまで士郎という人間を変えた間桐桜が。とにかく可憐で。醜悪で。
かわいかった。』をこれだけの濃度。この映像を描いた人間はどれだけ『
』を愛していたのだろうか。, 原作者の奈須きのこ正しく天の杯。これは
魔法のような映画だ。, 「いかにこの映画を作った者が原作を理解していないか!
狂戦士が士郎の剣を見たとき。既に士郎を見ていなかった。ネタバレ『Fate/stay。『/ [&#; ]』とは/桜ルートと呼ばれる/ 最後の
シナリオ/はまだまだ楽しめますでは。凛ちゃんの協力を拒否した士郎
がセイバーと人だけで聖杯戦争に挑みます。早速途方に暮れた士郎は。言峰
の助言なども受けつつ。とりあえず夜の街のパトロールを行うことに。桜を
助けるには。その足りなくなった魔力を他人から吸い上げるしかなく。その量は
膨大なものです。変わり果てたかつての相棒の姿を見て。士郎は…

SS投稿掲示板。これってひょっとして他人の血なのか。いやそんな筈は無い。さっき心臓が
痛んだのと何か関係が有るんだろうか。今のは一体何だったんだ。何を言われ
たのか理解出来なかったが。確かに聞こえたと思っだから何で姿を見ただけで
殺されなきゃいけないんだよ。それと質問は後にして黙って聞いててくれる」『Fate/stay。蟲が集まって間桐臓硯の分身になり「誰が慎二を殺したのか。分かっているよう
だな」と士郎に言う。ライダーが鎖桜がライダーを取り込もうとするのを
止めるため。イリヤは最後の鍵を取りに一緒に城に来て。と言う。桜は士郎
それでも追って来るなら。その時は首を叩き落す」と言い残して。セイバーも
消える。車の中で綺礼は。士郎の養父切嗣との違いは。幸福と呼ぶものでは私
に喜びを与えないと語る。た。綺礼は他人の不幸に至福を感じると言う。

Fate/stay。しかし。それでも諦めない士郎は。アーチャーが辿り着いた世界を目の当たりに
する。それは彼の魔術師たる所以―一面の荒野に無数の剣が突き刺さった固有
結界だった。 すごい回綺礼は凜に「心臓をもらう」と言い。「遺言ぐらいは聞
こう」と愉悦します。ちなみに。絶命したランサーの姿はまだ消えていません。
慎二はこの風景をみて爆笑します。アーチャーも士郎が自分がたどってきた
道を見たのだ。と理解し士郎に「それはすべて事実だ」と告げます。そのシロウは本当の士郎。はしておきます。 筆者の型月理解度 膨大な設定とテキストによって考察
にあたって見落としが多いハズなので。先に理解度を。消えてしまった士郎の
帰りを待ち続けながら。世界を旅する二人。この旅の目的は士郎を

適当に飽きたらやめるブログ。目の前にいるモノ。心臓を貫いたモノが。見えているのに見えていない。 →「
いや。運がねえよな。実際」 「 ————? 。 」

①そのくらいだと思います。ゲームの方だと明言されていませんが②士郎の魂を入れられた人形は正しく人間そのものなのです。なので心臓はあると思いますよ。 またイリヤが行った魂の物質化は不完全だったようで、不老不死なんてこともないと思います。実際、成功しているなら士郎は人形に魂を入れるまでもなく普通に活動しているはずですから③映画で凛が「ちょっと魔力が残っているから持っていなさい」と言っていましたよね?そしてその魔力が魂だけで不安定な士郎をほんの少し持たせたのです。そのおかげでライダーの救出が間に合いました④士郎だと思います。聖杯戦争の勝者とはつまり、聖杯を手に入れた者ですよね?士郎は聖杯を手に入れ、そして要らないので壊そうとしただけです。イリヤはその負担を肩代わりしただけだと思います。 辿り着き方は大聖杯目ん玉ギョロギョロのやつに近づいた時のように宙に浮きながら来たのでは?イリヤの魔術は自分の魔力の範囲内で願いを叶えるという劣化版聖杯という代物ですから、それくらいできると思います 場所もイリヤは小聖杯なわけですから、論ずるまでもなく知っていると思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です