合志市ニュース

合志市の話題や最新情報

2020年05月 本能寺の変ついて織田信長?信忠父子中国

武田討滅の合戦は織田信忠と、その家臣団によって実戦されて武田が滅亡後は織田信忠の系列の家臣らが武田の領土の配分が、なされ織田信忠の戦力が関東方面に展開していたのが本能寺の変の直前の情勢から判断すれば織田信忠は秀吉軍への加勢は担当外だったと推測される。本能寺の変ついて、織田信長?信忠父子中国の毛利攻め出陣ている途中京都滞在ているの、当然少なく旗本衆な軍勢率いている筈 信長近江、信忠尾張?美濃直轄地ので、数万の軍勢いるずなの、いったい駐屯ていたのでょうか 明智軍先鋒だて、本軍いないの不思議 なぜ僅かの小姓衆だけだったのでょうか ご教授ください 戦?出来事。月山富田城の戦第一次大内?毛利連合軍の長すぎた遠征万千の大軍
で出雲へ向けて出陣。安芸国の毛利元就も約千を率いて大内軍に合流した。
年月。織田信長は姉川の戦で近江国の浅井。越前国の朝倉の連合軍に勝利
その後今川義元の本陣千が桶狭間山で小休止をしているとの情報を簗田政綱
から歴史06。本能寺の変天正年6月2日から時間をさかのぼって。織田信長という人物
について考えてみたいと思う付近の大高城?沓掛城も駿河方となっており。
信長がこの勢力を一掃しようとするのは当然の成り行きだった。どの大名も。
領国の維持や拡大には血道を上げているが。新しい政権構想を宣言していた大名
がいたわけではない。だから。今川義元は天下統一を目指して上洛するために
。尾張に軍勢を率いてきたのではなく。領国を接する大名同士の境界にある『
境目の

豊臣秀吉は。大意は。”月日。晴れ後曇り。午前時頃。織田信長宿所本能寺へ明智光秀が
謀叛を起して攻め入り。すぐに信長は討死した。つまり。”明智光秀の軍勢”と
言う証言とされるのは。「信長公記」にある払暁の暗がりで攻めたてられて。
慌ててこの間。信長および信忠の屍を求め得なかったので。心中甚だ安んじ
なかったといわれている。この時。月日に織田信長は。明智光秀の率いる
畿内軍を主力とした中国応援部隊を指揮して。京都から豊臣秀吉が待つ”毛利読者投稿欄「本能寺の変」は誰が真犯人だと思いますか。愛宕山から帰ってきた光秀は慌てて事後収集を図るが。予想をしていた秀吉に
いち早く情報の裏をとられ。京都に集結しよう伊賀や毛利の忍者たち 織田信忠
何故なら毛利攻めの援軍ほどの大軍の中で本能寺を攻めた兵がそんなに大量に
いた訳がない。さらに援軍は明智が率いていたのではなく息子の織田信忠が
率いていて。黒幕だったのではないかと思います。本能寺の変の時に。明智の
兵が近衛家の屋敷から信長の長男の信忠が宿泊している寺に鉄砲を打ち掛けた
ことで。当時

本能寺の変。本能寺の変ほんのうじのへんは。天正早朝。
京都本能寺に滞在中の織田信長を家臣?次第出陣せよ」と命じて。供廻りを
連れずに小姓衆のみを率いて上洛し。同日。京での定宿であった本能寺に入った
。予定であったと云い。このことから毛利攻めの中国出陣は早くとも日以降
であったと推測され。安土より点の名器を当代記』によれば信忠が毛利
良勝。福富秀勝。菅屋長頼と議論している間に。明智勢は御新造の包囲も終えて
。脱出は歴史事象。本能寺の変 年。全国統一目前であった織田信長を。家臣であった明智光秀
が謀反をおこし。信長を自害に追い込んだ織田信長は。中国地方で毛利氏と
戦っている羽柴秀吉 のちの豊臣秀吉を助けるため援軍の準備をし。わずかな
家臣をともなって京都の本能寺に宿泊していたが。同じく中国地方に出陣して
いるはずの家臣である明智光秀に謀反され自害した。その時光秀は。信長の子
信忠がいる二条御所も同時に攻めていたため。織田家崩壊のきっかけになった
事件である。

2020年05月。明智光秀は織田信長から備中高松城岡山県岡山市を水攻めにしている羽柴
秀吉後援を命じられた。蒲生賢秀に安土城を預けた信長は。秀吉のもとへ赴く
ため京都に入って本能寺を宿舎とした。盟友であった徳川家康を安土に招いて
の宴のメニューが『続群書類従』に残されている。この直前。中国で毛利家と
対陣中の秀吉が信長に援軍要請をしたため。急遽。光秀の中国出陣が決まった
のである。私も姫路に帰城しても。三日も滞在するつもりはない。

武田討滅の合戦は織田信忠と、その家臣団によって実戦されて武田が滅亡後は織田信忠の系列の家臣らが武田の領土の配分が、なされ織田信忠の戦力が関東方面に展開していたのが本能寺の変の直前の情勢から判断すれば織田信忠は秀吉軍への加勢は担当外だったと推測される。それが本能寺の変が起きた時、織田信忠の手勢が多く無かったことの証に、なるかと。本当に信長が出陣の予定が有ったかどうかわかりません。もし出陣するとしたら、その軍、近衛連隊のようなもんですが、それを実際に指揮するのは側近で最も信頼できる人間、それが明智光秀だったのではないでしょうか。『信長公記』に拠ると、五月二十九日、織田信長は安土城本丸お留守衆を織田信益たちに、そして二の丸御番衆を蒲生賢秀たちに命じています。「ただちに中国へ出陣せねばならぬので、戦陣の用意をして待機、命令あり次第出陣せよ」とも命じています。織田信忠も徳川家康?穴山梅雪の京都?奈良?堺見物の案内ですから、多くの兵を連れてはいません。信長の馬廻衆?弓衆などは、安土で待機、又は上洛していても自分自身で確保したそれぞれの京都邸?宿に居たと考えられます。また、信忠の連れていた兵も一部は妙覚寺、そして残りは自分自身で確保したそれぞれの京都邸?宿です。信長の野望のようなゲームではないので、常時大名の本拠地に大軍が駐留していることはありません。必要なときに軍役を賦課し、軍を参集させます。織田信忠の与力達は先般行われた武田征伐の後処理として、旧武田領の統治にあたったり、北信濃から上杉領を窺っていました。そして、大名個人が直卒する兵が何万もいることなどありません。これもゲームの話ですね。大名には旗本はもちろんいますが、大軍の統率は重臣以下の階層構造によってなされます。織田信長が引き連れようとした大軍それはすなわち明智光秀の軍です。また、畿内近辺の摂津周辺には池田恒興、中川清秀、高山右近ら摂津衆がいましたので、必要に応じてこれらに参集を命じることも可能です。織田信澄の四国征伐軍の後詰めとの両用のために待機させているとみてもいいでしょう。織田信長公が当時、京都の本能寺に宿泊をしたのは正親町天皇の東宮皇太子の事ねであった誠仁親王に「将軍か関白か太政大臣、何れの官にも任ずる」と言う書状を送られて、そして上洛をしていたんですよね?信長公はどれかを選択する為に返答するために上洛していた筈なのです。と言う事は始めから信長公を屠る目的で京都に呼び出している、それしか考えられません。誠仁親王に命令されてしまったのが明智光秀であった、それが真実ではないでしょうか?軍勢に関しては他の回答者の方々が答えられている通りでしょう。自身の勢力範囲内の地区に出向くのに一々大軍勢を率いて出向いたりはしないでしょう。第一に中国の毛利攻めは援軍の一番手は明智光秀軍であると最初から決まっていた訳ですし、信長公自らが中国まで出向いて自身が直接指揮を執るまでもないだろう、その様な認識でいたと思われます。なので自身の直接なる大軍勢は京都には呼び寄せてはいませんね。敵もいない、全く考えられない様な状況下で一々自身の大軍勢を常に帯同させたりはしないでしょう。だからこそね、その様な状況下で想定外の事態が起きてしまえば天下統一目前の段階にあった信長公ですらあえなく最後を迎えてしまう、そういう事になってしまったのでしょう。まさに得意絶頂期の盲点を一撃で突かれてしまったまさかの晴天の霹靂の様な大事件でした。トランプ大統領がサンフランシスコに行くのに陸軍一個師団を連れて行ったりしません。安倍首相が福岡に行くのに自衛隊一個連隊を連れて行ったりしません。安倍首相も、トランプ大統領も、領土内の移動はわずかな護衛者のみで移動します。なぜ、織田信長が、自身の勢力内で、いちいち軍勢を引き連れるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です