合志市ニュース

合志市の話題や最新情報

1836年 そそ近代民主主義の概念スタートするシェイエス

民主主義は悪だが他の主義はもっと悪だって誰か言ってませんでしたか。いい加減、日本での「民主主義洗脳教育」止めませんかね

以下、正い(事実ての)歴史学である 1.英国
確か英国、1642の清教徒革命よって国王処刑、共和国なった
だ、結局、国荒れ放題なり、13年後王政復帰する、こ強調て教えない
後の英国、1489の名誉革命で英国民国王の首据え替えただけで、形式的、現代1642前の王政続いている
ただ、名誉革命国王英国民恐れる様なったの、ホッブズやロック提唱(特ロック)た自然法思想支配するようなった、の違い
(自然法思想、民主主義直接関係ない)

現代英国、ホッブズ(君主主権主張)、ロック(議会主権主張)の中間採り、主権「議会於ける女王」ある、されている

2.古代ギリシャ
確か、古代アテネ民主主義だった 、ペルシャ戦争の勝利たの、非民主主義国家であったスパルタの力大きい

アテネ、民主主義ソクラテス処刑、政治荒れ、最終的非民主主義国家であるスパルタよって滅ぼされる

3.啓蒙思想家
歴史学で、ホッブズ、ロック、ルソー、モンテスキュー、らの啓蒙思想家市民革命の思想的原動力なった、教える

ぞれの思想の概略以下の通りである

ホッブズ: 自然法主張する、自然権守るため強力な君主必要て、君主主権、自然権の譲渡(結果て自然権認めない)主張する

ロック: 自然法主張、実質的なのするための個人間の契約国家であるする 国家逆自然権侵害するき個人契約違反て当該国家行為の無効主張するこできる(抵抗権) 、政治的体制て、議会主権?二権分立最適である、主張する

ルソー: 自然権主張する、一般意思主権置くこ、国家自然権侵害するこあり得ない、結果て自然権不要、する

モンテスキュー: 三権分立主張する 権力分立あらゆる政治形態中立である、モンテスキュー自身君主主権想定ていた

上記の通り、誰一人、国民主権だの、民主主義だの、主張ていない

近代民主主義思想のスタート、革命家シェイエス、ルソーの「一般意思主権」人民主権「誤解」たこ始まる
(ルソーの、一般意思主権、現代での内容解明されていない)

4.アメリカ
アメリカ、上記のロックの思想影響されて、建国された 共和制採用たため、君主主権でない、かいって、啓蒙思想家の誰主張ていない民主主義採用ていない そそ、近代民主主義の概念スタートするシェイエスの誤解、フランス革命前夜(1789)である、合衆国憲法成立(1788)たき、近代民主主義スタートていない 後、現代27条の修正条項加わる、中民主主義、国民主権の規定ない

5.フランス
上記の通り、フランス革命(1789)近代民主主義のスタートである 、革命後のフランス恐怖政治進み、多くの人間ギロチン台で処刑された

結局、民主主義12年で崩壊、帝政移行する 後、フランス君主制民主制度繰り返、現在、一応、民主制である

5.ドイツ
ドイツ革命後制定されたドイツ?ヴァイマール憲法、史上最強の民主主義憲法された ヴァイマール憲法、ナチスドイツ育て、ナチスドイツ、史上最大の悲劇される、ホロコーストや第二次大戦引き起こた 戦後、ドイツ反省、国民主権残たのの、主権強力な概念てロック流の自然権や強力な立憲主義採用た

上記の通り、歴史で、ま民主主義採用たの、アテネ、フランス、ドイツくらいである

結果、ソクラテスの死刑(アテネ)、恐怖政治(フランス)、ホロコースト、第二次大戦(ドイツ)、である

、偏りのない、正い民主主義の歴史、だ思う、いかか 憲法で読むアメリカ史上。年の誕生以来。民主主義をかたちづくってきた憲法や個々の判例から。
アメリカという国のあり方を歴史物語として読み解く。 「国のかたち」はいかに
見直されるべきか。建国年で。辺境の小国から超大国となったアメリカ。

権利章典。民主主義社会で。何よりも重んじられる権利がひとつあるとすれば。それは言論
の自由である。年。合衆国憲法修正第1条議会は。言論の自由。出版の
自由を制限する法律を制定してはならないを各州が批准これはフランスとの
準戦争状態から生じた不備の法律で。3年後には失効した。ここで私が論じて
いることは。もちろん。意見や主張の表明についてであり。それ以外については
述べていない。革命によって独立を成し遂げた人々は。臆病者ではなかった。2020。解きまくり』シリーズは。なかなか手に入りにくい地方上級の再現問題を数多く
収録しています。アメリカ独立宣言年アメリカ独立宣言でも,国民に天賦
不可侵の人権が認められており,政府の目的はこの人権を保障することにあると
されています。合衆国憲法においては,本文ではなく修正条項において個別的な
人権規定が設けられています。③アメリカ合衆国憲法年アメリカ合衆国
憲法は,統治組織に民主主義を貫き,また,ほぼ完全な三権分立主義を含んだもの
です。

アメリカ合衆国憲法の制定。で述べてきましたように。アメリカの連邦国家の形成には。独立戦争を戦って
アメリカ革命を達成する必要が引き金になりました。3強大な権限をもつ
アメリカの大統領は。合衆国憲法を制定する過程でどのようにして誕生したのか
。連邦国家が形成される前に個人を基礎にしたアメリカ民主主義が社会に
根づいていたことが基本的に重要で。逆ではありませんでその副官で。
アメリカ建国の父祖の一人であるアレグザンダー?ハミルトンは。「考えのない
民衆」と呼んだ。世界史Jamming。世界史 – フランス革命の始まりと人権宣言 ☆残りの
約98%の第三身分は%しかお金を持っていないのにも関わらず徴税されて
いる。身分制度の廃止に伴う人権という概念の誕生などが起こる。憲法を
制定することで。フイヤン派の議会。年月,食料の高騰に苦しむパリ
の女性らがヴェルサイユ宮殿に乱入した事件。襲撃した理由については。政治
犯が収容されていたから。アンシャンレジームの象徴だったからなどの説がある

1836年。この頃啓蒙主義の高まりによってスペイン王権の意識も変化が見られ。自由主義
?重農主義の影響を受けて人口増大への対処から農地拡大を重視大政奉還成立
のヶ月後に近江屋事件で暗殺された。年明治年月日。正四位を
追贈される。多紀 元堅たき げんけん/もとかた。寛政年年 – 安政
年月日は。江戸時代末期の幕府医官。現在ではあまり
知られていないが。当時は大和絵最後の大家として高く評価されていた画家で
ある。

民主主義は悪だが他の主義はもっと悪だって誰か言ってませんでしたか?それが正しい民主主義の歴史かどうかは別として???自分も民主主義が万能で、民意に従うのが絶対に正しいかのような認識はまずいとは思いますね民主主義にも欠陥はあり、弱点があるって知るべきでしょうノーテンキになぜそうしているのかを考えず、直接投票で総理を選ぶべきだとか、一票の格差は許されないとか、天皇はいらねえとか見ていて不安になるああいう過去の教訓を全く知らずに、民主主義を妄信する人たちが、結局民主主義を破壊するんじゃないかって???明治には大隈らの主張した内閣が議会に責任負うイギリス型責任内閣制は受け入れられず、伊藤らの主張したプロシア型君主主権を採用した結果、あの無能な役立たたず天皇が絶対権力者になり、ただ運だけで戦争に勝ち調子に乗ってアメリカにまで戦争仕掛けた結果広島長崎でとどめを刺されて、戦後国民が選んだ国会で首相を選び国会に責任を負うイギリス型責任内閣制になり現在に至っている。またアテネが「最終的には非民主主義国家であるスパルタによって滅ぼされる」って言ってるけどその後にスパルタも非民主主義のテーベに滅ぼされ、テーベもマケドニアに負けてるけどみんな非民主主義だよwwwフランスも最後には共和制になって現在に至っている。どこの国でもスムーズに民主主義になるワケがなくいろいろ紆余曲折たどって試行錯誤重ねながら結果として民主主義になり、それを学ぶのがなんで「民主主義洗脳教育」なのかわからんね。「自然法を前提とした協力な立憲主義」いいと思うよ。だから何?どういう主義、どういう思想がお好みなのでしょう?政治家か哲学教師になるといいよ。または歴史研究家とかね「民主主義は最悪の制度。ただし、これまでのあらゆる制度を除けば」との指摘。※民主主義は一番マシな制度、とも。チャーチルの言葉で、政治学では常識です。民主主義より良い政治制度が見つかってないのです。日本の民主主義は、大戦後のGHQの日本の民主化政策によって押し付けられ、それが日本人に受け入れられたもので、日本人自身によって民主化された歴史を持ちません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です