合志市ニュース

合志市の話題や最新情報

標準状態において 12Lのアンモニアの物質量求める時標準

比例式で考えてあげると良いかもしれません。酸塩基の、物質の変化の単元

標準状態で1 12Lのアンモニアの物質量求める時、標準状態の気体のモル濃度22 4L/molなので

1 12L÷22 4L/mol
いう式なるこ分かるの 、

標準状態で56mlのアンモニアの物質量求める時、

56÷22 4×10^3molいう式なる理由分かりません

説明下手で申訳ないのどなたか解説お願います標準状態において。が[] なので,次の比 なので, の気体の物質量は, の質量
/ 例関係が成り立つ。小さい エ 酸素 オ アンモニア
大きい 次の気体をそれぞれずつ集めたとき, 標準状態での体積が最も大
太 最もきいものと, 最も小さいものを選べ。分子量は 解答 回$$ 気体
の分子量標準状態において, ある気体 の質量を測定した ところ, であっ
た。

第93章。とき,気体の体積はその中に含まれる気体の粒子数いいかえると物質量に
比例するというものです。これを使って,ボイルシャルルの法則の比例定数k を
求めてみましょう。標準状態における気体の体積は22.4L /molでしたね。

比例式で考えてあげると良いかもしれません。標準状態では、22.4Lあたりの物質量は1molなので、求める物質量をxとすると、22.4×103mL:1mol=56ml:xmol22.4×103x=56x=56/22.4×103となるので、56÷22.4×103molが成り立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です