合志市ニュース

合志市の話題や最新情報

日本と韓国 慰安婦等日韓基本条約で賠償ている思件事実だて

「日韓基本条約日韓請求権協定」において、日本は「賠償金」を「1円」も払っていません。関東大震災の時の朝鮮人虐殺

ネットで知り、実際あったのか 嘘書かれたり、事実て書かれていたりよくわかりません

慰安婦等日韓基本条約で賠償ている思、件事実だて保障や謝罪あったのでょうか 島根県:質問。日韓基本条約の密約で。竹島問題を棚上げにして現状維持で韓国の占領を認める
合意があるとの報道がありましたが。この政府の紳士協定みたいなものだった
ということですが。真偽は不明ですが。関係者の方々は読まれたのでしょうか。
の議論は。上記の各種資料では事実の証明がなされていませんが仮にその
ような事実があったとしても。平和条約で韓国政府や韓国民がいくら竹島が
韓国の領有権を主張しても。日本が異議を唱えている以上。国際的な論争として
国際

日本と韓国。韓国と日本の貿易と政治をめぐる争いは。世界に影響を及ぼしている。争いの
中心は。韓国が適切とする賠償金の支払いを日本に要求していることだ。日本
は。外交関係の回復と億ドル以上の経済協力を定めた年の日韓基本条約で
。問題は解決されたと主張している。慰安婦」の問題は。特に論争が絶えない
。年に日本は謝罪を表明し。被害者支援の基金に億円の拠出を両国間
の安全保障上の協力関係に「深刻な」変化をもたらすと述べた。慰安婦賠償判決。ソウル中央地裁が日。旧日本軍の元従軍慰安婦に対する賠償を日本政府に命じた
。済みとの立場だ。韓国の司法は元徴用工問題で日本企業に賠償を命じている
。請求権協定は日韓が国交を結ぶに当たって結んだ条約だ。

「日韓基本条約日韓請求権協定」において、日本は「賠償金」を「1円」も払っていません。★「日韓請求権協定」で「賠償金」を払ったと言ったら、最初から「ボタンのかけ間違い」となって矛盾が生じます。 「徴用工」は国際法上「合法」であり問題はないため、「日韓請求権協定」では「賠償金」とか「慰謝料」は払っていません、もちろん「謝罪」もしていません「日韓請求権協定」は「経済協力金と両国間における請求権の解決」の協定です。↓「日韓請求権協定」=「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」↓ただし、これが含まれているのは事実だが、↓「補償」と書かれています。———————————————対日請求要綱は8項目で構成され、その中に「被徴用韓人の未収金、補償金及びその他の請求権の弁済を請求する」と記載されている。———————————————↑これは賠償でもなければ、慰謝料でもない。賠償:違法な行為不法な植民地支配により損害を受けた者に対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをすること。補償:適法な行為による損害の埋め合わせをすること。払ったのは「補償」です。つまり「適法」な行為による損害の埋め合わせだけです。これは、当時は戦争中であり、そのため、未収金とか、空襲などで命を失ったとか、職場が焼失して失業したとか、空襲を避けるなどして、あちこち転居させられた、朝鮮半島への帰国の出費が莫大となったなどの損害の埋め合わせです。国際法、国内法で違法な行為による損害の埋め合わせである「賠償」とか「慰謝料」は入っていません。「日韓併合」は、当時の国際法上「合法」である。国際法からの観点英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦1914年 – 1918年以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている↓根拠↓ウィキペディアWikipedia韓国併合再検討国際会議↓神戸大学大学院第3回韓国併合再検討国際会議「合法?違法」★↑↓そしてすべての「請求権」については、最終的に解決されました。日韓請求権協定第二条1 両締約国は、両締約国及びその国民法人を含む。の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン?フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条aに規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。 2 この条の規定は、次のものこの協定の署名の日までにそれぞれの締約国が執つた特別の措置の対象となつたものを除く。に影響を及ぼすものではない。 a一方の締約国の国民で千九百四十七年八月十五日からこの協定の署名の日までの間に他方の締約国に居住したことがあるものの財産、権利及び利益 b一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつて千九百四十五年八月十五日以後における通常の接触の過程において取得され又は他方の締約国の管轄の下にはいつたもの 3 2の規定に従うことを条件として、一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。 「日韓併合」は、当時の国際法上「合法」であるため、日本は、韓国に対して、謝罪する必要はありません。関東大震災朝鮮人虐殺事件大正12年1923年、関東地方は地震によって壊滅的な被害を被り民心と社会秩序がひどい混乱に陥った、竹槍や日本刀、銃などで武装した民間人が「自警団」を結成し、朝鮮人と彼らに間違われた中国人を殺害し始めた。朝鮮人と誤解されて中国人が犠牲となった、沖縄?秋田?三重出身者が犠牲となった検見川事件や秋田出身者が犠牲となった妻沼町事件、香川出身一家9名が犠牲となった福田村事件など地方出身の日本内地人も殺された。また朝鮮人犠牲者以外にも社会主義や無政府主義の指導者を殺害した動きがあり、無政府主義者の大杉栄?伊藤野枝?大杉の6歳の甥橘宗一らが殺された甘粕事件、社会主義者10名が犠牲となった亀戸事件も起きた。↓関東大震災朝鮮人虐殺事件『ウィキペディアWikipedia』↑当時の日本政府は地震発生前に発生した「朝鮮」の「三?一運動」や「台湾」の「大規模デモを流血鎮圧」した経験から、これら統治領の独立運動を行う一部の民衆の抵抗に警戒感を抱いていた。当時の朝鮮人への無理解と民族的な差別意識も背景として考えられる。日本国内では大正デモクラシーによって労働運動?民権運動?女性運動など支配権力に対する社会主義者らの抵抗?権利拡大運動の活性化と、それに対抗する保守的勢力の急伸、首相暗殺や恐慌による政治経済への不安から社会体制が揺らいでいた。また、国外でもイギリス?アメリカとの対立、シベリア出兵の大失敗などから国際的な孤立化を深めつつあり、関東大震災はいわば内憂外患の状態に追い打ちをかけるように起こった大災害だった。日本の治安当局の対応として自警団から朝鮮人?中国人数百名を守った大川常吉神奈川警察署鶴見分署長のように暴徒への取り締まりならびに死傷者を伴う暴徒との衝突や、横浜の朝鮮人226名を9月23日不入斗練兵場陸軍砲廠で保護収容し臨時治療所を開設する等の動きがあった。犠牲者数と弔慰金正確な犠牲者数は不明だが、2008年3月の中央防災会議では、震災全体の犠牲者の1~数パーセントが殺害によるものと推定されているすなわち、一千~数千人。 当時の官庁記録としては、司法庁報告書では民間で殺害し起訴された件数として朝鮮人233人、内地人58名、中国人3名。戒厳業務詳報によれば軍によって殺害された人数は少なくとも朝鮮人39人、内地人27人、軍民共同の殺害による犠牲者として朝鮮人約215名うち約200は中国人との説ありである。内務省は248名、朝鮮総督府東京出張員は見込み数として813名を挙げている。朝鮮人犠牲者には死亡原因が災害か虐殺か区別せず1人200円日本内地人死者?行方不明者への御下賜金は1人16円の弔慰金が832名へ支払われた。朝鮮人は昔から嘘つきで、自分の利益のために窃盗や殺人繰り返してましたからね。差別されていたのは事実です。しかし、虐殺と呼べるほど無条件で殺害された朝鮮人はいません。朝鮮人が、勝手に人の土地に家建てようとしたり、物を持っていこうとするからそういう朝鮮人に対して怒っただけです。それは戦後も同じです。そして今も同じ事がよくあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です