合志市ニュース

合志市の話題や最新情報

ニュルンベルク法 ような平均的クリスチャンであるドイツ人

ナチスは、最初に障害者の虐殺を正当化する事で、徐々にドイツ国民の倫理観を歪めていったのです。第二次世界対戦でs洗脳された親衛隊?SS兵士ユダヤ人殺すの、理解できません分かります

普通の国民なる国防軍の将兵たくさんのクリスチャンいた思 日曜日ミサ、礼拝参加ていたず
ような平均的クリスチャンであるドイツ人、ユダヤ人であるいうだけで目前のユダヤ人銃殺するの躊躇わなかったのか
人間的良心尊厳、宗教的良心捨ててルドルフ?アイヒマンの言い訳同じよう命令従う言う職業的良心で銃殺出来たのか
あるいドイツ人の使命て嬉々て誇り持って目の前のユダヤ人銃殺たのか
クリスチャンであるら、聖霊の恩働きなかったのか

人間的良心人間的尊厳持って拒否て軍法会議で銃殺されたような国防軍将兵いなかったのか ニュルンベルク法。ナチスは長い間。ユダヤ人を宗教ではなく人種的な反ユダヤ主義により区別する
法的な定義づけを模索していました。ドイツ内のユダヤ人を一部のユダヤ人は
ユダヤ教を棄教し。非ユダヤ系の隣人たちとキリスト教の祝日。特にクリスマス
を祝うようにさえなっていました。さらに。法により。ドイツ人である者と
そうではない者。ユダヤ人である者とそうでない者を定義しました。ナチスは。
つまり。祖父母のうち人か人だけがユダヤ教共同体出身の人々です。この
ような「

ヒトラーはユダヤ系少女と仲良しだった。アドルフ?ヒトラーとユダヤ系の女の子が一緒に笑っている写真が。米国で競売
にかけられた。ヒトラー率いるナチスはユダヤ人を迫害し。後にユダヤ人
万人の大虐殺を遂行した。それにもかかわらずヒトラーは。親愛なる。そして
思いやりのある?ローザ?ニナウへ。現代のドイツ人。度の世界大戦を
どう振り返る 死者をどう追悼する 部下のこの命令を。ヒトラーは気に入ら
なかったようだと写真家のホフマンは後に書いた。 ホフマンは年にイスラム世界で広がる反ユダヤ主義。ダウ平均▽ %先日。旧約聖書の創世記でアブラハム
が味わったのと同じような恐怖心が彼らを襲った。の指揮官から。ユダヤ人の
命はユダヤ人以外の命の倍の価値があると言われていたようだ」と伝えた。
彼らは。それは単にイスラエルの行動やパレスチナ人との長引く紛争の結果に
すぎないと言う。全ての人がこれほど強烈な言い方をするわけではないが。
これは中東やイスラム世界の大部分に長年浸透している憎悪感情で。

ナチスは、最初に障害者の虐殺を正当化する事で、徐々にドイツ国民の倫理観を歪めていったのです。日本でも、やまゆり園殺傷事件の時に、植松死刑囚に賛同する人達が一定数いましたよね。当時のドイツでは優生学が盛んで、「劣った遺伝子は断絶すべき」と信じられていました。国民の多くが、植松信者のような感じだったのです。そこで、ナチスは「国の生産性を高める」という名目のもと、生産性の低い障害者を合法的に殺害する『T4作戦』を始めます。●障害者を殺す事は、国の福祉費用を削減し、国民全体に利益をもたらす。●『恵みの死』によって障害者を苦しい人生から解放する、思いやりである。というプロパガンダのもと、医師や看護師達は、使命感と正義感をもってT4作戦に従事します。これ、植松の主張とソックリですねそしてドイツ国内の障害者達が集められ、医師達によってガス室で殺されました。戦後の調査インタビューを受けた医師達は、「私は、今まで悪事を一つもしたことが無い」と平然と答えたそうです。この時点で、ドイツ国民の倫理観がかなり歪んでいるのがわかると思います。いきなり民族差別だけで虐殺するのは難しいので、最初は賛同を得やすい障害者を虐殺することで、徐々に国民の倫理観を外していったのです。そして、障害者虐殺で培ったガス殺害のマニュアルを、そのままユダヤ人に使ったのです。ユダヤ人をガス室で殺したのは、T4作戦の医師達でしたただ、こんな狂気が吹き荒れるドイツ国内で、カトリックのフォン?ガーレン司教だけが、T4作戦を猛然と批判します。その時の司教の言葉です。「もし精神疾患患者を初めとして、『非生産的人間』を殺害する権利があると認めるなら、それはすべての『非生産的人間』を自由に殺害できることになる。そうなると、誰もが安全ではなくなる。なにかの委員会が『非生産的人間』と判定し、そうすれば『生きるに値しない命』となってしまい、なにも私たちを殺害から守ってくれないからだ」この彼の言葉が人々の心を動かし、やがて大きな世論となり、ナチスにT4作戦の中止を余儀なくさせます。しかし、同胞の障害者への虐殺は収まったものの、異人種と見なされたユダヤ人までは、この言葉は及ばなかったようですね。小さな差別が大きな虐殺へと繋がっていく実例として、現代の日本も教訓としなければならない出来事です。第二次世界大戦中のユダヤ人殺害についてのドイツ国防軍の対応では、エーリッヒ?フォン?マンシュタイン元帥はアインザッツグルッペン部隊の虐殺の報告を受けても命令を出して制止させる事はありませんでした。ウィキペディアよりまた、ヴァルター?フォン?ライヘナウ元帥もユダヤ人の子供90人の殺害についての命令を出し「ユダヤ人の女と子供を早急に抹殺しなければならない。方法はどうでもいい」「いったん開始された作戦は、目的通りに遂行されるべきである」とライへナウ元帥はそっけなくこう言ったそうです。ブログ 第三帝国極悪伝説22 フォン?ライヘナウより普通のドイツ国防軍兵士の感情としては、手紙の中で家族への愛や上官への愚痴などの日常的な内容と共に、ユダヤ人や他の人種に対する蔑視が書かれている様子のものもあったそうです。ドイツ国防軍兵士たちの100通の手紙 単行本 – Amazonレビュー内より「兵士というもの―ドイツ兵捕虜盗聴記録に見る戦争の心理」書評 残虐さに慣れ 人が人でなくなるアメリカもイギリスも、ドイツ兵士の捕虜収容所に密かに隠しマイクを入れてその私的な会話を盗聴していました。本書は、イギリス側の「数千人のドイツ兵捕虜と数百人のイタリア兵捕虜を組織的に盗聴」した記録からの抜粋で編まれています。盗聴記録によると多くの兵士は「ユダヤ人絶滅のプロセス」について詳細に知っていたことも明かされています。ヒトラーについても、戦争の末期までは「総統信仰」があり、敗戦が確実になって少しずつ信頼が薄れたと報告されています。一方で、ホロコーストからユダヤ人を救った人々のなかで両親ともカトリック教徒だった為、同様にカトリックの洗礼を受けたドイツ国防軍に勤務していたアントン?シュミット軍曹という方が居ました。彼は国防軍の軍人という地位を利用し,現在のリトアニアの首都であるヴィリニュスドイツ語名ヴィルナで虐殺されていたユダヤ人達を,自らの管理する国防軍の施設で働かせる事で救済しました。それだけではなく,ゲットーのユダヤ人を国防軍のトラックで安全地帯に輸送するという大胆な救済活動までも実行しました。これらの救済活動が露見したことで残念ながらシュミット軍曹は逮捕され,処刑されてしまう事になります。アントン?シュミット軍曹―ユダヤ人を救った人々 7 ―Feldwebel Anton Schmid平 山 令 二PDF形式ファイルがダウンロード出来ます。キリスト教はイエスをキリストだと認めない者非キリスト教徒やこれは間違ったキリスト教であるという対象を排除する宗教です。「これだけが神からの真理である」という宗教は他の派の思想も間違いだとし排除しようとします。それはパウロもはっきり言ってます。キリスト教新約聖書の神は人や天使やキリスト救い主に神に従わない者を撲滅するように命じ命じられた者たちはそれを遂行していきます。ヨハネの黙示録キリスト教は「敵を愛せよ」とか「片方の頬を打たれたらもう片方の頬も出せ」などという教えもあります — そして、そこだけが宣伝されます — が、よくよく新約聖書の最後ヨハネの黙示録まで読んでみると、お前を殴ったヤツはいずれ、神の手によって酷い目に遭い、殴られたお前こそが、神の手によって助けられるのだから、今は我慢しろ、という話なのです。新約聖書の教えにそのまま盲目的に従えば、自分の生き方をキリストの生き方と同一視する者が、自ら武器をもって、自分の教えを信じない者たちを大量殺人最終戦争で処理しようとしても、なんの不思議もありません。戦後、アルゼンチンに逃亡していたアイヒマンが、イスラエルの諜報機関に捕まった事件がありましたね。逮捕のきっかけは、アイヒマンが結婚記念日に奥さんに花束を買ったことから、身元が特定されたんですが、結婚記念日に花束を買うような人物が、虐殺行為ができるか?という実験がアメリカで行われました。ミルグラム実験、別名アイヒマン実験とも呼ばれる心理学の実験です。アイヒマンは、裁判中、「私は命令に従っただけだ!」と言い続けましたが、これも一理あることを証明したのがこの実験です。ミルグラムは、新聞広告で一般市民を募集して参加者を「生徒」役と「教師」役に分け、被験者たちはあらかじめ「体験」として45ボルトの電気ショックを受け、「生徒」の受ける痛みを体験させられる。次に「教師」と「生徒」は別の部屋に分けられ、インターフォンを通じてお互いの声のみが聞こえる状況下に置かれた。「生徒」が正解すると、「教師」は次の単語リストに移る。「生徒」が間違えると、「教師」は「生徒」に電気ショックを流すよう指示を受けた。また電圧は最初は45ボルトで、「生徒」が一問間違えるごとに15ボルトずつ電圧の強さを上げていくよう指示された。家庭用の100Vでも、汗をかいた状態では危険です。常識的に考えれば100V以上の電気ショックは人道的に許されない行為です、しかし、この実験では参加者の6割以上が最高レベルの450Vまで電圧を上げて生徒を苦しめました。450Vまで電圧を上げるような危険で残酷な行為を行うものはごく少数1?2%だと予想されてました。この実験結果は、平凡な一般市民であっても、権威ある者からの命令に接すると。不合理な者であっても、良識的な判断を放棄して服従してしまうことを証明しています。個人が社会の一員として振る舞う時、個人は組織の歯車として機能してしまう危険性があるのです。戦後、ルター派の牧師、マルティン、ニーメーラーが語った詩を思い出します。ーーーーーーーーーーーーーーーーナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったから彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったからそして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーナチス政権下のドイツでは、カトリックを中心に反対運動を行った人は多いんですよ。フランツ?イェーガーシュテッター良心的兵役拒否が元で死刑に処されたが、死後殉教者としてカトリック教会から列福ルーペルト、マイヤー第一次世界大戦の英雄であるため、処刑を免れるが収容所へ妹は聖心会修道女ヘルマナ?マイヤー 、聖心女学院の設立に尽力動画「アウシュヴィッツの天使」と呼ばれた修道女アンゲラ?マリアドイツ人ながらナチスに反抗し、収容所へ入れられるが、キリストの愛を実践した。シスター?マリア?レスティトゥータ密告によりギロチンで処刑されるミュンスターの司教クレメンス?アウグスト?グラーフ?フォン?ガーレンナチスの障害者虐殺を公然と批判し、ナチスは国際社会から批判される。ゲシュタポは司教を処刑するように圧力をかけるが社会的影響力から執行できなかった。彼がナチス批判をした翌日、ナチ党側は宣伝大臣ヨーゼフ?ゲッベルスを招いてこれに反対する集会が開いたが、ミュンスター市民は一人も姿をあらわさなかった。Wilhelm Hosenfeld 敬虔なカトリックの家庭に育ち、第一次世界大戦に従軍、負傷、ナチスの反ユダヤ主義やカトリック教会に対する敵意に疑問を持つ、第二次世界大戦では40代でポーランドへ進駐、処刑されるユダヤ人やカトリック聖職者を救った。>クリスチャンであるドイツ人、ユダヤ人であるというだけで目前のユダヤ人を銃殺するのを躊躇わなかったのですか?親衛隊?SS兵士もクリスチャンです。何万人という民衆を虐殺してインカ帝国を滅ぼしたのもクリスチャンですし、アメリカで、先住民であるネイティブを殺して彼らの土地を奪ったのもクリスチャンですし、タスマニアの原住民を一人残らず抹殺したのもクリスチャンです。オーストラリアでアボリジニの文化を「野蛮」だとして、幼い子供達を泣くのもかまわず親から引き離し、「文明的な」白人教育をしたのもクリスチャンです。また、広島長崎に原爆を落としたB29 エノラゲイを祝福したのも牧師です。キリスト教史を学べば、あなたが思うような疑問は起こりません。クリスチャンらしい、当たり前のことをしているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です