合志市ニュース

合志市の話題や最新情報

テセウスの船 大人ミキオタイムスリップでて?

●一度目のタイムスリップで田村心は、世界Aの2020年1月から世界Aの1989年に時空移動しますが、心が移動した瞬間に世界Bが分岐して誕生します。テセウスの船 2回目のタイムスリップする場所で 大人のミキオ立っており シンさん話ていて (ボイスレコーダー録音中) 事件ミキオ絡んでいる事知った時 大人ミキオ「タイムスリップでて?」 みたいな、セリフシンさん言って で大人ミキオ タイムスリップ知っていたのか 過去2回行って歴史変わったので パラレルワールドつくられよね シンさん目線↓ ?俺父親いない恨んで生きてきた世界 ?母親、長男亡くなってまった世界 ?そて2回目過去来た世界 タイミングで知ったのか 2回目タイムスリップ直後 子供ミキオ思き人物 シンさんのボイスレコーダー盗んだ 2回目子供ミキオ将来の内容知ります 一度目のタイムスリップ時 シンさんの盗まれたノートで タイムスリップって 分かったていうこか れいち。実は みきお自身も タイムスリップ経験者で 大人のみきおと小のみきおが手を
組んで 音臼小事件を起こしたのかも? 現代でみきおが 証拠のレコーダーを奪わ
ずに立ち去ったのは 心さんがあのまますぐにタイムスリップ

『テセウスの船』犯人の予想。みきおの両親?家族ってどんな感じなんだろう? そういうのも次わかりそうだな
? 大人みきおがタイムスリップしている説もあるよね原作よくわからないけど
話で顔にあざがあった鈴が。犯人ぽいのはわかる表情は暗かっ新たな被害者続出。みきおは手にしたナイフで心を切りつけると。「せっかく歴史に残る完全犯罪を
やり遂げたのにではない」「真犯人はみきおも操っている」「タイムスリップ
した大人のみきおが。子供のみきおを操っているのかな?登場人物。平成元年にタイムスリップした心が現代へ戻ると。心とは結婚しておらず。音臼
小無差別殺人事件を追っている週刊誌の記者となっていた。 写真 木村みきお
安藤政信 鈴に寄り添う。車椅子のミステリアス

31年前のみきおも未来の自分を知る。気になるのは。大人になったみきおが心に向かって「心先生」と呼んでいること
。年前。タイムスリップした心と出会ったみきおは。現代で再会した心を同一
人物と見破っていたことになる。年後の再会シーンで心にテセウスの船加藤信也の正体は誰でみきおとの関係は。心がタイムスリップする前。加藤みきおも近くにいました。 そのまま心と一緒に
過去に戻ってしまい。お互い別々の場所にタイムスリップしていたのです。 大人
みきテセウスの船。車椅子に乗った大人バージョンを演じるのは安藤政信さん。みきおは小学
年生で。担任の先生は物語の主人公である田村心竹内涼真。年にタイム
スリップした心は。臨時教師として音臼小で働くことになり。加藤

テセウスの船:“黒幕”は誰だ。平均視聴率が週連続で番組最高を更新し続けている俳優の竹内涼真さん主演の
連続ドラマ「テセウスの船」系。日曜午後時。主人公の田村心竹内
さんが年前にタイムスリップし。父で警察官の佐野文吾鈴木“真犯人”に「タイムスリップ操れるの。などみきおが自分の意志でタイムスリップできるのでは?と考える視聴者や。
予告編で小学生時代のみきおが「次どうする?」と誰かに話しかけていること
から「大人と子供のみきおがグル?」「みきお君と鈴が結婚した。

●一度目のタイムスリップで田村心は、世界Aの2020年1月から世界Aの1989年に時空移動しますが、心が移動した瞬間に世界Bが分岐して誕生します。●世界Bで心は史実を改変しつつ、加藤みきおとも出会い、妻?由紀作成のスクラップブックを適当に投げ捨ててしまいます。この未来のノートを拾ったのが「真犯人」のようです。●「真犯人」はどうやら大人であり、未来から来た人間の存在を知り、それが田村心だと推察したと思いますが、そのことを共犯者となる加藤みきおに話した可能性はあります。●心は次のタイムスリップで世界Bの2020年に到着して、姉の佐野鈴を訪ねると、大人のみきおと木村さつきに出会います。木村さつきは村田藍を監視することで佐野鈴であることに気づき、さらに弟の心とさつきが1989年に出会ったことも思い出します。●世界Bの2020年において、木村さつきによる調査で、心がタイムスリップしていたことがわかった可能性があります。また、大人のみきおは平成元年の子供の頃から、「真犯人」を通じて、心のタイムスリップを知っていた可能性が高いと思います。●そして再び旧?音臼村の慰霊碑の前に立ち、大人みきおと争った時には、心がタイムスリップしていたことを知っていたことになると思います。古今東西、タイムスリップもので生ずる矛盾を説明するのに、よく「パラレルワールド論?」を持ち出しますが、実は、これって何の問題の解決にもなっていないと思いません!?例えば、今回のテセウスを題材にとった場合、仮に「心が音臼小事件を阻止し、文吾が逮捕されることもなく、心がその後、現代に戻ったが、そこは歴史が塗り替えられたパラレルワールドで、佐野家は、平和に暮らしていたとさハッピー、ハッピー」として終わったとしても、パラレルワールドと言っている以上、元の世界は平行して残っていることになるわけで、そこでは、依然、文吾は殺人犯のままで、和子達は、苦しみ続けているわけですよ。ハッピーなのは、元の世界の記憶を持ったまま、そこから一人抜け出し、自分だけ別世界に行った主人公だけという極めて自己中な物語ということになります。そもそも、パラレルワールドなんてもので片付けようとすれば、主人公がタイムスリップした時点で、その時代、その空間に存在しなかった人物が存在したことになり、既に歴史は塗り替えられて別世界が出来上がったことになりますよね。決して、元の世界の過去に戻ったということにはならないはずです。テセウスのように主人公が何度もタイムスリップを繰り返す場合、その都度、新しい世界が出現し、タイムスリップする前の世界とは分断されて、新たなストーリーが始まるだけと。その中で、一人、別世界の記憶を維持している主人公は、創造主たる神みたいな存在になるわけですよ。なので、私は、この手のドラマを視るときは、余り前後左右の細かいことは気にせず、瞬間、瞬間のスリルやサスペンスだけを楽しむようにしています!子供の頃みきおは犯罪や事件を未然に阻止された心の事を預言者と思っていました事件ファイルや令和になって心と再開してタイムスリップを確信したのでは最初を見逃したので、その辺は良く分からないな?何となくは分かるけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です